研修プログラムガイド 講師派遣プログラム イベント情報

イベント情報検索

開催年度
開催地
徳島県 香川県
愛媛県 高知県
テーマ
受講方法
対面 遠隔
eラーニング
対象
FD SD
FD/SD共通 プレFD
総合
レベル
ミクロ ミドル
マクロ
フェーズ
おすすめ対象者
フリーワード
※タイトル・記事本文が検索対象です
検索する
メルマガ登録 各種様式 加盟校専用
TOP > イベント情報 > 授業デザインワークショップ(第32回)

イベント情報

  • このページを印刷する
  • 一覧へ戻る
 
プログラム番号:I-011
授業デザインワークショップ(第32回)
 

日時 : 2019年06月29日(土)  〜 2019年06月30日(日)
場所 : いまばり湯ノ浦ハイツ

概要

【受講定員】 第32回 6月 20名 第33回 9月 20名  

【主な対象者】 ・愛媛大学教員のうち,下記のいずれかに該当する者

①新規採用された教員(大学での授業担当経験5年以上を除く)

②新たに大学の授業を担当した教員

③昨年度対象者で都合により欠席した該当教員

④参加を希望する教職員 ・SPOD加盟校教職員のうち,参加を希望する者  

【対象校】 SPOD全加盟校  

【講師】 小林 直人、仲道雅輝、竹中喜一(愛媛大学教育企画室)ほか  

【目標】

1. 学生の学習を促すシラバスを書くことができる。

2. さまざまな授業方法の特徴を理解し、学習目標に適した授業方法を選択できる。

3. 教育評価の原理と種類を理解し、学習目標に適した評価方法を選択できる。

4. アクティブラーニングを取り入れた90分の授業の計画を作成できる。

5. 作成した授業計画案にもとづいて模擬授業を実践できる。  

【内容】

1.オリエンテーション  

 ・研修の目的

 ・目標の確認  

 ・スタッフの紹介とお願い

2.アイスブレーキング  

 ・自己紹介とグループワーク

3.ミニ講義Ⅰ 「コース設計&クラス設計」  

 ・1科目(コース)の授業計画  

 ・90分授業の基本構成  

 ・90分(クラス)の授業計画

4.ミニ講義Ⅱ「シラバスの書き方&学習評価の基本」  

 ・目標設定  

 ・学習評価の目的  

 ・評価の方法と評価対象

5.ミニ講義Ⅲ 「学習者の学びを促進する様々な授業方法」  

 ・講義形式のメリット・デメリット  

 ・双方向型授業のコツ  

 ・体験型授業  

 ・参加型授業

6.グループワーク「共通教育科目の開発」  

 ・目標設定  

 ・授業計画  

 ・シラバス作成  

 ・授業計画と評価対象  

 ・授業計画案作成  

 ・模擬授業の練習

7.模擬授業  

 ・模擬授業  

 ・討議・検討

8.閉会式  

 ・振り返り、修了証書授与、閉会の言葉

※第32回は1泊2日の宿泊研修です

※第33回は2日間宿泊なしの研修ですが、第32回と同じ内容です。  

【準備物】 お申し込みいただいた方に、簡単な事前アンケートを送付いたしますのでご協力をお願いします  

【参考資料】 中井俊樹編(2015)『アクティブラーニング』(玉川大学出版部) 中島英博編(2016)『授業設計』(玉川大学出版部) 佐藤浩章編(2017)『講義法』(玉川大学出版部) 佐藤浩章編(2010)『大学教員のための授業手法とデザイン」(玉川大学出版部)  

【受講者の声】

「新採教員として知りたかったこと,全てが盛り込まれた有意義なワークショップでした。模擬授業時にはお互いに評価し,講師陣より実際の教育の現場でのアドバイスを沢山して頂けたことが,非常に勉強になりました。」

「専門を異にする他学部の教員と専門外のシラバスを作るという作業は,様々な考え方や物の見方に触れることができ,刺激に満ちたものだった。」

「キャンパスから離れた場所で,短期間で集中して取り組むことができました。タイトスケジュールでしたが内容の充実した研修が展開され,参加したことに一層大きな意義を感じました。数多くのグループワークを通して,学生の立場から改めて授業運営を見つめ直すことができました。」  

【主催】 第32回:愛媛大学教育・学生支援機構教育企画室 第33回:四国地区大学教職員能力開発ネットワーク(SPOD)  

【申込締切】 令和元年5月21日(火) ※申込みは締め切りました。

【申込・問合せ先】 

【第32回】愛媛大学教育・学生支援機構教育企画室       E-mail:opar@stu.ehime-u.ac.jp

【第33回】四国地区大学教職員能力開発ネットワーク(SPOD) E-mail:spod@stu.ehime-u.ac.jp